だれにでも親切にしよう

 「布施」とは相手の為になる事なら何でも施す(提供する)という意味で、物品はもちろん労力や勇気づけ、アイディアの提供もこれに含まれます。布施の「布」は「あまねく」という言葉に通じ、「何でも」という意味です。
 「奉仕」は見返りを期待しないで尽くす奉仕活動で日常よく使われるボランティアの意味です。布施と奉仕に共通する大切な事は、親が子どもの世話をしている姿に代表される「自発的行為」です。現実には自発的ではなくても、思いがけず「お礼」を言われる事でよい事をした喜びを味わう経験が、次への自発につながるのですから、子どもの布施奉仕に対しても私達大人が素直にお礼を伝えていきたいですね。

だんだんと久しぶりに顔を合わせる子ども達が増えていき、保育室や園庭に活気と歓声が戻ってきました。子ども達は待っていましたとばかりに川遊びや泥んこ遊びなどに精を出し、ダイナミックに遊んでいます。7月は日差しが強くなり、夏本番の暑さがやってきますが、安全に十分気を付けながら水遊びを楽しんでいきたいと思います。また子ども達が世話をしたおかげでキュウリやナスなどが立派に実り始め、最初に収穫した野菜はお寺に届けて「のの様」にお供えする予定です。

 
8日(水)

御魂まつりの集い(ゆり)
避難訓練(遅番中)

23日(木・祝)
お施餓鬼(お寺の行事)
10日(金)

御魂まつり縁日ごっこ(全クラス)

※行事は状況により変更になる場合があります。

 
 
歯科検診の結果
クラス名 つぼみ う め さくら ゆ り
受診児数 16名 15名 25名 22名
虫歯の園児 2名 0名 2名 3名

6月25日(木)に歯科検診がありました。 
※個人の検診結果は後日、各自にお渡しします。虫歯は永久歯に影響しますので、結果に応じ、必要な場合は早目に受診し治療していきましょう。

避難訓練(遅番)
7月8日(水)の避難訓練は遅番かめ組保育中に行う予定です。お迎え時間に重なった場合は、保護者の方も訓練に御協力下さい。

御魂まつり
今年度は園児だけで、日中の保育の中で行います。

7月 8日(水)  《 集  い 》  年長ゆり組のみ
本堂にて年長児の作った灯ろうを回向し、お盆のお話を聞きます。
天候に応じ、当日または後日の保育中に灯ろう流しをします。

7月10日(金)  《縁日ごっこ》  全クラス対象
クラス毎に保育の中で、縁日ごっこを楽しみます。
ヨーヨー・リンゴジュース・お菓子セットをお土産として持ち帰ります。
お寺から、ちょうちん型絵本「みんなのおぼん」をお渡しします。

お 盆
15日を中心に13日〜16日はお盆の期間です。(東京は7月盆・全国的に多いのが8月盆)年に一度家族や親戚が集まって、お互いの無事を確かめ合い、今の自分のある事をご先祖様のお陰と感謝してお迎えし、最終日には送り火を焚いて送り出す大切な行事です。

お施餓鬼
お施餓鬼(おせがき)とは、飢餓に苦しんで災いをなす鬼衆や無縁の亡者の霊に飲食を施す供養のことです。
(仲台院は毎年7月23日です)

お願い
調確認の為、幼児クラスは登園時に水遊びカードをバックから出し 朝の受け入れ職員へ手渡しして頂きますよう御協力をお願いします。

お知らせ

『令和元年度(2019)の財務情報』を事務所前に掲示してありますので、ご覧下さい。
☆年長ゆり組と年中さくら組は、7月より火曜日に造形活動、木曜日にリトミックを開始します。講師と相談の上、密にならないように対策しながら行なっていきます。尚、年少うめ組は9月よりの開始を予定しております。
☆親水公園の河川清掃は江戸川環境促進事業団の方々によって、6月〜8月の間に何度か一週間ほどかけて上流から順に行われます。また川開き前から川納めの間に職員も清掃をしています。


子育てあいうえおカード〜ほめ言葉シリーズ〜

得意なことや長所を
見つけよう

 

毎日生活していると、どうしても、できていないところに目がいきがちです。監視カメラのようにきびしく見張るのではなく、得意なことや長所、できていることにも目を向けましょう。
子供のいいところ、10個言えますか? 

東京都承認 「子育てあいうえおカード」より抜粋・引用

宗教法人 仲台院 西小松川保育園
〒132-0032 東京都江戸川区西小松川町11-17
TEL:
03-3651-6588
FAX:
03-3651-6898