決まりを守って、集団生活を楽しもう

 生活していくうえで、ある程度の決まりやルールがないと物事が進みません。乳児でも繰り返し丁寧に伝えることで、友達と楽しく遊ぶための知恵として、ルールを学んでいき、自分がされたら嫌なことはしないということが理解できるようになります。幼児は行動を見守りながら、良い事、悪い事を少しずつ伝えることで覚えていきます。
「持戒和合」とは、相手の気持ちを思いやり、仲良く、気持ちよく生きていくための仏さまの教えのひとつなのです。

 

新しい生活様式に少しずつ慣れてきたとはいえ、昨年度に引き続き緊急事態宣言発出中の5月を迎えることとなってしまいました。入園・進級から早くも1ヶ月となり、新入園児も園生活のリズムにようやく慣れてきました。これからは爽やかな風に、温かい日差し、戸外遊びや散歩が楽しい季節となり、笑顔が増えていきそうです。

 
12日(水)
避難訓練
26日(水)
5・6月誕生会(幼児)
19日(水)
内科健診
 
 
 
父母の会より
「父母の会組織」その他についてのお知らせや取り決めに関する手紙を後日、配布致します。今年度のクラス役員や保護連委員の方の紹介につきましては、父母の会が発行する機関紙「はし」にてお知らせ致します。

ベルマークを集めています! 

家の中にある身近な日用品や食品等に付いているベルマークをきれいに切り取り、クラスや事務所にあるベルマークBOXに入れて下さい。父母の会にて回収・集計したベルマークを今までには園庭の時計や砂場の遊具などに交換して頂きました。


保育園より 
友達と関わる中で、思いを言葉に出来ず、ひっかき・かみつきなど手を出してしまう場合があります。出来る限り未然に防ぎ、お互いの気持ちを受け止め、思いを代弁していくことで解決していくようにしています。保育中のことであり園の責任ですので、両者の保護者の方には園の方針として、相手の名前は伏せて状況説明をさせて頂きます。
どうぞ御理解下さいますようお願い致します。

【お願い】
お迎え時に園庭や本堂の階段で遊んでいる姿が見られます。遊具や階段から落ちてのケガにつながりますので、お子様から目を離さず、引き渡し後は速やかに帰宅しましょう!

5/10〜5/12までの 3日間、小児看護実習の為、看護実習生1名を受け入れる予定です。感染予防対策の上行いますので、よろしくお願いします。


お知らせ
☆幼児クラスの毎日の保育の様子を今年度から文面だけでなく、写真を取り入れて伝える形にしました。お迎えの時にぜひご覧ください。
☆気温が高くなってきたので、1階にある上着入れの引き出しをしまいます。ご利用中の方は各自でお持ち帰り下さい。

西保あるある エピソード

西小松川保育園はこの春に第67回目の入園式を迎えました。長い年月の中、子ども達の楽しく可愛いエピソードがいっぱいあるので、時々紹介していきます!

 何でも自分基準の子ども達。1歳の妹のいる4歳児が
子:せんせいって、お兄ちゃんとお姉ちゃんいるの?
保:お兄ちゃん、お姉ちゃんはいないけど、弟ならいるよ
子:えっ〜 じゃあ赤ちゃんがいるんだ〜  と納得顔。
保:(心の声)…いえいえ…弟だけど、しっかり濃い目のおじさんです(笑)

 何でも宝物にしちゃう子ども達。庭の石ころ、秋のドングリは「子どもあるある」。
昔々ある朝、2歳児のカバンを開けると…石でもドングリでもなく、ころころウ〇チが!!
その衝撃とカバンに書いてあったフルネームは一生忘れません(笑)
 5月は虫が活発になる季節。カバンにアリやダンゴ虫が入っている日があるかも?!


子育てあいうえおカード 〜ほめ言葉シリーズ〜                             

 物知りだね
「も」

ゲームでも電車でもアニメでも、知識が豊富なことは立派な長所の1つです。
「それを勉強に生かしなさい」と言いたくなる気持ちは抑えて、「物知りだね!」とほめてみましょう。
知的好奇心を刺激して、色々なことに興味が広がっていくかもしれません。

東京都承認 「子育てあいうえおカード」より抜粋・引用

 
宗教法人 仲台院 西小松川保育園
〒132-0032 東京都江戸川区西小松川町11-17
TEL:
03-3651-6588
FAX:
03-3651-6898